Title : #コト描(2018年07月28日分)

★Twitterの『ほしくず』(雑記用)アカでつぶやこうとしたら、なんとなく1ツイートにおさまらない感じだったので――本文をこちらにUPし、『ほしくず』には記事URLのみを告知ツイートとして投稿してあります。


     ★


#コト描

だれかが、そこにいて。
わたしは、ここにいて。

たとえば、

だれかは、うたって。
わたしは、描いていて。

それぞれの、線。
それぞれの、おと。

それぞれの、色。
それぞれの、こえ。

それぞれの、点。
それぞれの、リズム。

いきをする。
こどうが、くりかえす。

おなじじかんの、なかで。
それぞれの、リズムで。

であえても、であえなくても。
そばにいても、いなくても。

だれかが、どこかにいて。
わたしが、ここにいて。

かこでも、みらいでもなく。

いま――いるんだね。

おなじ、この、じかんのなかに。
おなじ、この、じだいのなかに。

いきて、そこに、いるんだね。
いきて、ここに、いるんだよ。

かたちや、すがたは、ちがっても。

あなたは、わたしじゃなくても。
わたしは、あなたじゃなくても。

どちらも、この、じかんのなかに。
どちらも、この、じだいのなかに。

ちがうけど、おなじ。
おなじだけど、ちがう。

かわらないために、かわりつづける。
かわりつづけるから、かわらずにいられる。

たいせつなものは、このよにひとつ。

それぞれが、このよにひとつ。
それぞれが、このよにひとり。

いのちを、描いて。
いのちを、うたって。

ありがとう。

だれかが、ぶじでいてくれること。
だれかが、いきていてくれること。

わたしも、ぶじでいられること。
わたしも、いきていられること。

このじかんのなかで。
このじだいのなかで。

ありがとう。

いままでも、そして――これからも。

そんなきもちとあえるのは、

いま、だれかがそこにいるから。
いま、わたしがここにいるから。

そしてどちらも――いきて、いるから。

そのことに、ありがとう。
それだけで、ありがとう。

今日もおたがいどうか――無事でありますように。

(by:月虹)



【Web拍手ボタン(PC/携帯 兼用)】
Web拍手ボタン(PC/携帯兼用)
(※当Blogにおける使い方は⇒こちら


Category : コト描 | Posted by : dK このBlogをRSSリーダーに登録する(Powered by FeedBurner) | dK/紀更和のつぶやき(Twitter)
- |
 -  | ▲TOP

Title : 現在(いま)ここに、生きているなら。

★Twitterの『ほしくず』(雑記用)アカでつぶやこうとしたら、なんとなく連ツイになっちゃったので――一旦ツイートのほうは削除し、こちらの記事URLをツイートする形で再UP。


●ヒロアカ雑記:第42&43話。

今回こちらの2本を視聴したとき、まず第12話のこの一言が浮かんだ。

「ヒーローとは常にピンチをぶち壊していくもの。 ……敵(ヴィラン)よこんな言葉を知っているか? … Plus Ultra(更にむこうへ)!」(by:オールマイト)

(※以降、ネタバレOKな方のみ「続きを読む/次へ」リンクをクリックし、続きをどうぞ)
続きを読む >>

Category : 不定期呟記 | Posted by : dK このBlogをRSSリーダーに登録する(Powered by FeedBurner) | dK/紀更和のつぶやき(Twitter)
- |
 -  | ▲TOP

Title : ただ〈不完全〉をこそ、見失わない

★Twitterの『ほしくず』(雑記用)アカでつぶやこうとしたら、なんとなく連ツイになっちゃったので――こちらに本文をUPし、記事URLのみツイートにリンクさせることにしました(※あと初稿が朝方のUPだったので、午後に読み返したとき――補足が必要と感じたところや、文章としてつながりがしっくり来ない部分などについては、主旨自体はかえることなく表現のみ多少改訂してあります)。


 近頃視聴中の『メガロボクス』。その第4話の感想。本文は未視聴の方へのネタバレを考慮し、『続きを読む』以降に。差し支えない方のみ同リンクをクリックし、本文を閲覧ください。
続きを読む >>

Category : 不定期呟記 | Posted by : dK このBlogをRSSリーダーに登録する(Powered by FeedBurner) | dK/紀更和のつぶやき(Twitter)
- |
 -  | ▲TOP

Title : 〈架空〉だけど〈事実〉

★Twitterの『ほしくず』(雑記用)アカでつぶやこうとしたら、なんとなく連ツイになっちゃいそうだったんで――こちらに本文をUPし、リンクさせることにしました。

 特撮ヒーローものとかアニメとかドラマって「絵空事」ではあるんだけれど、でもその「絵空事」の世界では、ときどき「現実」と視聴者が思ってる世界で知らず知らず/何気なくついている「嘘」が「そのまま」だったり皮をむかれて登場してきたりする。だからこそ子供は真剣に観るのかなって思う。

 そして…それはたぶん、大人にも起こる。

 それぞれの「現実」世界での「日常」では起こりにくい瞬間になりつつある「何か」を、視聴側は画面越しながら「現実」ではないはずの世界において「感じる(体感する)」とき――笑味やナミダが自然とこぼれる。だけどそれは「架空」じゃなく「事実」。

 その瞬間――が好き。小さい頃からずっと。現在(いま)も。

 自分で絵を描いてるときも、誰かの作品やプレイにふれるときも、それはかわらない。ジャンルも問わない。人ひとり、ひとりにしても…そう。

 そんな「狭間」にいたいし――いられる瞬間がうれしいし、ありがたいなって思う。…いつも。そして――それはただただ…楽(愉)しい。

 かたちにハメてしまえるものでもないし、ハメてしまったらもったいないものなんだろうって思うけど――でも「しあわせ」ってかたちに、それは近いんじゃないかと思う。

 もしそういうところで「ちょっと違う」な部分だけじゃなく「そうだね」な部分も等しく交換しあえたら――どんな感じだろう。

 たのしいだろうか。うれしいだろうか。それらともまたちょっと違う「何か」だろうか。

 そんなことを瞬々考えるし、感じる。……なんとなく、ね(´―`)



【Web拍手ボタン(PC/携帯 兼用)】
Web拍手ボタン(PC/携帯兼用)
(※当Blogにおける使い方は⇒こちら

Category : 不定期呟記 | Posted by : dK このBlogをRSSリーダーに登録する(Powered by FeedBurner) | dK/紀更和のつぶやき(Twitter)
- |
 -  | ▲TOP

Title : たとえば〈ともだち〉だったら

 私は〈ともだち〉になる/つくる――というのが、小さい頃から得意じゃない。

 それは「苦手」というより、むしろ――「下手」とか「わからない」に近いのだと思う。

 だから誰かとすぐに〈ともだち〉になれる人が、うらやましい。

 そしてもっとうらやましいのは「心をひらく」とは「何」なのかを「わかって」いるんじゃなく――「体感」から「知って」いる人だ。
続きを読む >>

Category : 不定期呟記 | Posted by : dK このBlogをRSSリーダーに登録する(Powered by FeedBurner) | dK/紀更和のつぶやき(Twitter)
- |
 -  | ▲TOP